青とピンクに囲まれて

嵐とジャニーズWESTを全力で応援中!楽しいこと大好きの雑食です。

私の大切な嵐、活動休止を受けて思うこと。

 

きてしまった。

 

まさか、この日が来てしまった。

 

 

こんな日が来るとは思わなかった。

 

そう思っていたけれど、

いつかこんな日が来てしまうのではと

思っていたこの日が、

嵐にもきてしまった。

 

みなさん、

生きていますか?

 

私はなんとか納得しようと。

 

辛いのは嵐たちもそうで。メンバーの中にも悔しくて、なんとかして嵐を5人で続けたいと、説得し続けたのではないかと。ファンと同じように嵐の存続を願ってると、自分に言い聞かせています。

 

あと2年。

 

しっかり時間を作ってくれて、

みんなが納得いった状態で

嵐を宝箱にしまおうと、

そういう決断をしたのだと。

 

急に嵐がなくなるわけではないことは

なんとか、ありがとうという気持ちを

自分にもたせてくれました。

 

 

大野くんの想いを聞くと、

2020年以降

彼は戻ってくることはないのではないかと。

 

時間があって嬉しいけど、

 

どうしても思ってしまって。

これからの一日一日が

大野智という人と過ごせる

カウントダウンだと思ってしまって

どうしても涙が出てきて。

 

大野くんの声とか笑顔とかダンスとか、

わたしにはない才能溢れる姿が

見れなくなる日が来ることが

とても怖いんです。

 

10周年の時、

それ以外でも何度も彼は

嵐をやめたいと思ってきて、

でも、辞められる雰囲気ではなくて

なんとか今日まで来て。

 

20周年、2020年と

嵐としてやり着くして。

きっとずっと考えてきたことを

この節目に決断したんだろうと思うと

解散ではなく休止というのは、

 

ファンの人の気持ちを思ってか、

嵐の中でもスタッフの中でも、

いつか大野くんの気持ちが戻って

同じ方向を向いて嵐を再開できる

希望を持ったからなのかと

思うのです。

 

そもそも智くんは

自分が芸能界にいることに

全く興味をもっていない人です。

 

いまだにテレビに自分が写ってることが

信じられなくて。

 

そんな人が芸能界に居続ける、

しかもアイドルで居続けることは

とても大変なことで、

精神的にも、つらいことだと思います。

 

それに、

だれよりも頑固な人だから。

自分の思いは曲げない。

 

きっとメンバーがどんなに言っても

曲がらなかったし変わらなかった。

 

それほどの思いがあったと思います。

 

だから、なんとか、

嵐のみんなが話し合った上で出した決断。

 

受け入れて、

最後までファンとして見守りたい。

 

そして、いつかきっと、

5人で嵐とみんなで言っている

その日をちゃんと

待っていたいと思います。

 

なんて、まだ思いきれてないかも。

 

それにすぐ泣いちゃうし。

 

だけど、とりあえず、

いまの気持ちを残しておきます。

 

智くん、

嵐のみんな。

 

大好きだよ。

 

 

ずーーーーっと!!!

いままでも

これからも